×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

グーグルアースの地図サービスが危ない情報!

グーグルアースの地図サービスが危ない

カテゴリー :グーグルアース 地図

グーグルアースの衛星画像が鮮明すぎると、各国が相次いで懸念を表明している。なんでもテロリストが基地などの衛星写真をネットで手に入れて使用する可能性があると指摘されている。

グーグル社のグーグルマップやグーグルアースなどの地図ソフトの画像が鮮明なのは、それだけ技術が進歩していることだとおもうのですが、地図以外の使い道も発展するのは確かに問題ですね。

その為かグーグルアースもグーグルマップも画像が一部不鮮明になっているような気がします。モザイクをかけるというか、少しぼやけている画像を使って地図を表示しているという印象です。と言っても地図データが必要な場所には軍事基地等がないので、あまり不便は感じられないです。

地図の機能で言えばグーグルマップが上。まだまだグーグルアースではルート検索やお店情報等が日本語対応していない機能があるので地図機能ではグーグルマップ。でも、グーグルアースの3D表示機能は地図空間イメージが伝わるので私は両方使用しています。

グーグル社は各国からの懸念を受けて、問題の部分や軍関係などは個別に対応していくとしているので、エリア51や北朝鮮の軍事基地などの画像がいつかは見られなくなるかもしれないですね。

コラム > グーグルアースの地図サービスが危ないについて書かれています。

グーグルアースに対応した地図サービス「ロカポDIYマップ」

カテゴリー :グーグルアース 地図

グーグルアースに対応した地図サービス「ロカポDIYマップ」

無料でカスタマイズできる地図サービス「ロカポDIYマップ」が、グーグルアースに対応した出力機能が追加されました。新しい機能のお陰でDIYマップ作成地図データをグーグルアースや他の地図サービスで使うことが出来ます。

DIYマップ作成した画面に表示されている「KML」をクリックするだけで、KMLファイルのエディターとして利用するだけです。これまでに作成した地図データも「KML」
が表示されるようになりましたので、過去のデータもグーグルアースで見ることができて、楽しみが増えました。

KMLファイルでデータが保存できるようになったことで、他のシステム上でも利用できるようになり利用する人の幅がひろがると思います。グーグルアースには他の方が作成した「KMLファイル」を開いたり、自分で見つけた画像を「KMLファイル」に出力して送ったり出来ます。入力・出力が簡易になったのでデータを送るのに便利です。

「ロカポDIYマップ」サービスとは、自分で地図を加工しブログに貼り付けられるシステム。グーグルアースでどのように表示されるのか、今から私も試して見たいと思います。

コラム > グーグルアースに対応した地図サービス「ロカポDIYマップ」について書かれています。

グーグルアースで距離を測る機能の使い方

カテゴリー :グーグルアース 使い方

グーグルアースで目的地から目的地までの距離をグーグルアース上で測ることが出来るので使い方を教えちゃいます。

使い方@
グーグルアース画面上にイラストでメニューボタンが出ているかと思います。もし表示されていないようでしたら、グーグルアースメニューバーから「表示」ツールバーにチェックを入れてください。表示されましたか?次にグーグルスカイ(土星のマーク)から左に5個目に「定規」の形をしたイラストがあると思います。その「定規」機能を使って距離を測ります。

使い方A
定規ボタンをクリックしてください。すると定規ボックスが表示されますので、「パス」を選択します。長さと書かれた後に単位を選ぶボックスが表示されていると思いますので、自由に選択してください。色々な単位があるので、使いかたはあなた次第です。

使い方B
表示単位を選択すると、マウスが□になります。まずは始点を選択します。曲がっている道やジグザグな道でも大丈夫です。マウスについている□で道沿いをクリックします。するとチェックマークがつながっていきます。
その繋いでいる距離が定規ボックスに表示されます。どう簡単ですよね?
グーグルアースの便利な使い方です。是非覚えていてくださいね。

使い方(豆ポイント)
※間違えたときや図りなおしたいときには「消去」ボタンを押してください。チェックマークが消えますので、もう一度チェックを入れなおしてください。

コラム > グーグルアースで距離を測る機能の使い方について書かれています。